第二新卒は強い!転職は3年以内にしよう【石の上にも3年は嘘】

第二・新卒・アイキャッチ

たまるちゃん

「第二新卒」が流行ってるみたいだけど大丈夫なのかな?
石の上にも3年って言われるし、3年以内に辞めるのは不安だなあ。。。
第二新卒の市場価値を教えて欲しいな!
石の上にも3年は嘘じゃから気にせんで良いぞ。
第二新卒は企業側からするとメリットしかない。
自分のやりたいことが明確なら、早く第二新卒枠で転職することをお勧めするぞ!

デザイナーズ

 

本記事の内容
  • 第二新卒とは
  • 金融→異業種への転職は3年以内にしよう

 

記事の信頼性

自己紹介

デザイナーズ(@designers_kinyu

  • 現役の金融機関営業員
    スタートアップ企業・VC担当
  • 豊富な金融営業経験
    リテール6年半・ホールセール5年以上
  • トップセールス
    リテール最高年収:2,200万円

このブログを書いているデザイナーズは、現役の金融機関営業員です。
リテールではトップセールスで、最高年収は2,200万円でした。
現在はホールセールに引き上げてもらい、スタートアップ企業やVCを中心に100億円規模の取引をしています。

 

それでは記事の本編に入ります。

 

第二新卒とは

新卒入社のミスマッチを修正出来る最初で最後のチャンスです。
第三新卒はありません。
新卒のカードと同じく、大切にしなければいけないカードです。

この項目で第二新卒についての正しい理解を促します。

 

第二新卒の定義

「第二新卒」とは、社会経験1年目から3年目くらいまでの、経験よりもポテンシャルを期待されている方のことです。
基本的なビジネスマナーが身についていることに加え、吸収力があり企業風土になじみやすい点、大きな成長の可能性を秘めている点に期待が寄せられているのです。
「今の仕事は自分に合っていないのでは」「もっと他に可能性があるのでは」と考えている人にとっては、まだまだキャリアチェンジを実現させるチャンスが豊富な時期といえます。

出典:第二新卒とは? |リクルートエージェント

 

第二新卒を採用する企業側のメリット3つ

  1. 社会人として基本的なビジネスマナーを学んだ人材を雇用できる
  2. 新卒と同様のフレッシュな人材を雇用できる
  3. 企業と自分の間に一度ミスマッチを感じて退職しているため、定着率が高い人材を雇用できる

 

社会人として基本的なビジネスマナーを学んだ人材を雇用できる

新卒で入社した社員は、基本的に数ヶ月みっちりビジネスマンとしての研修を受けます。
その間は特に会社の収益に貢献する活動をしていません。

 

金融機関の一般的な研修モデル
  • 初任給  : 40万円/月(福利厚生含む)
  • 研修期間 : 3ヶ月
  • 研修費用 : 20万円/月

新卒を3ヶ月みっちり教育するために180万円/人かかります。
第二新卒を採用する場合、180万円の教育コストが丸々浮きます。

また、OJTを通して現場でも厳しい教育を受けます。

 

OJT
  • 「On the Job Traininng」の略称
  • 新人や未経験者に対して、実務を体験させながら仕事を覚えてもらう教育手法
  • みっちり行う集合研修の後に行うことで効果を発揮

 

新卒と同様のフレッシュな人材を雇用できる

第二新卒は年齢で言うと25歳以下の人材です。
前の会社のカラーに染まっておらず、素直さがあることから新卒同様のイメージで企業も採用出来ます。

石の上にも3年と言われる様に、3年会社に在籍すると会社のカラーに染まってきます。
企業は、石の上に3年座っていない人材を欲しがっています。

 

企業と自分の間に一度ミスマッチを感じて退職しているため、定着率が高い人材を雇用できる

就活において、多くの就活生は自己分析と企業分析を行います。
企業と自分の間でミスマッチが無い様にするためです。

しかし新卒にとって初めての就職活動です。
一定数ミスマッチが起こってしまうのは当然です。

 

第二新卒は、企業と自分の間に一度ミスマッチを感じて退職した人材です。
企業の思惑としては「一度ミスマッチを起こしたため、次の職場での定着率は高いだろう」、と言うものがあります。

 

第二新卒を採用する企業側の唯一のデメリット

すぐに退職してしまう懸念があることが、企業側のデメリットです。

一度も退職をしたことがない新卒に対して、第二新卒は一度退職しています。
退職歴が企業側に不安を抱かせます。

 

「一度ミスマッチを起こしたため、次の職場での定着率は高いだろう」という、企業側のメリットと矛盾する話にはなります。
企業は第二新卒枠で就活をする人材に対して、期待と不安を抱えています。

  • 企業側の期待 : 一度ミスマッチを起こしたため、次の職場での定着率は高いだろう
  • 企業側の不安 : 一度ミスマッチを起こしたため、次の職場もすぐ退職してしまうのではないか

 

第二新卒として就活をする場合、企業側の不安(デメリット)を払拭することが重要です。
早期退職懸念というデメリットさえ払拭してあげれば、採用の可能性は大きく上がります。

 

第二新卒は新卒には敵わない

就活カードとしては新卒の方が第二新卒より優秀です。

 

新卒とは

新卒は大学卒業後すぐに就職をする人です。
新卒の正式名称は「新規学卒者」です。

大学は卒業と同時に就職出来る人材なので、新卒は基本的に優秀だと見なされます。

 

新卒の離職率

新卒の離職率は高いです。
新卒の離職率が高いことが、第二新卒ができた理由の一つでもあります。

以下、厚生労働省の資料を見ていきましょう。

 

大卒は3年以内に32.0%退職する

 

大学卒は3年目までは、毎年約1割ずつ退職します。

  • 1年目 : 11.4%
  • 2年目 : 10.4%
  • 3年目 : 10.0%

 

大企業になる程辞めにくい

 

事業規模が大きくなればなる程、3年以内の離職率は下がります。
5人未満の会社と1,000人以上の会社では、2倍以上離職率に開きがあります。

  • 5人未満   : 57.7%
  • 1,000人以上 : 25.0%

 

金融・保険業は平均以下の離職率

 

高いと思われがちな金融・保険業の離職率ですが、23.0%と平均より低いです。
サービス業や教育系の離職率が高いです。

  • 宿泊業、飲食サービス業   : 50.4%
  • 生活関連サービス業、娯楽業 : 46.6%
  • 教育、学習支援業      : 45.9%

 

離職率・アイキャッチ 5年目の離職率70%!大手金融機関の就職・退職の実態

 

第二新卒と既卒との違い

既卒は大学卒業後、正社員として就職したことがない人です。
第二新卒は大学卒業後、正社員として就職したことがある人です。

 

既卒は致命的に厳しい状況

既卒は致命的に厳しい状況です。
既卒になってしまうのは、以下の2つのケースどちらかです。

  • 最強の新卒カードを持ってしても就職できなかった
  • 最強の新卒カードの重要性を理解せず使わなかった

 

企業からは「能力が低い」「頭が悪い」とスタートから思われる可能性が高いです。
企業側の印象を覆す理由付けが重要になります。

 

既卒での就活は理由が大事

既卒で就活をする場合、以下の様に既卒になった理由を説明する必要があります。
「それなら仕方ないよね」と納得感のある理由が必要です。

以下理由の代表例2つです。

  • 大学卒業後も継続して公認会計士を目指して勉強していたが、公認会計士を諦めたので既卒での就職を希望している
  • 大学卒業後フリーランスのWEBエンジニアとして活動していたが、組織で仕事をしたいと思い既卒での就職を希望している

 

中途との違い

中途採用者に求められるのは即戦力です。
新卒・既卒・第二新卒とはカテゴリーが違うので無視でOKです。

 

デザイナーズの身近な第二新卒

デザイナーズが4年目の時の新入社員が、第二新卒で転職をしました。
デザイナーズが大変可愛がっていた新入社員で(ホモ説が出ました)、成績も大変優秀でした。

3年目になる手前、2年目の最後あたりでの転職ですので、第二新卒ギリギリです。
金融→電材系の大手メーカーです。

1ヶ月程度の転職活動期間で採用されました。
2〜3ヶ月のインターバルを空けて、キリ良く4月となりました。

 

最後に会ったのは2016年あたりですが、生き生きとしていたので嬉しく思っています。
リクルートエージェントでの転職活動でした。

 

デザイナーズ

デザイナーズもリクルートエージェントで転職活動をしたのう。
GEのヘルスケア部門(MRIを売る仕事)じゃった。
結局行かずに今も金融の仕事を続けておるぞ。

 

就活カードの強さ

新卒 > 第二新卒 >>> 中途採用 >>> 既卒

 

金融→異業種への転職は3年以内にしよう

第二新卒のカードは新卒3年目終了時までしか使えません。
新卒4年目になると第二新卒のカードは無くなります。

よって第二新卒での就職活動において、石の上にも3年は嘘です。

 

金融機関の第二新卒カードは強い

金融機関はお金を扱う性質上、人材の教育に力を入れています。
体育会系が新卒のマーケットで強いのと同様に、金融系は第二新卒マーケットで強いです。

金融機関の第二新卒カードは強いので、使う機会があるなら必ず使いましょう。

 

金融機関の第二新卒カードが強い理由は以下の3つです。

  1. みっちり人材教育されている
  2. 会社の文化に染まりきっていない
  3. 企業側に金融機関出身者のデータが多い

 

みっちり人材教育されている

金融機関の研修は大変厳しいです。
社会人としての基礎を徹底的に身につけさせます。

学生気分が抜けない新入社員の教育は大変です。
大変な新入社員教育を通過している金融機関出身の第二新卒は貴重です。

 

会社の文化に染まりきっていない

同じ会社に5年・10年と在籍すると、今の会社独自の仕事の仕方が染み付いてしまいます。
ずっと今の会社にいる分にはメリットなのですが、いざ転職をするとなるとデメリットになります。
柔軟性が徐々に無くなってきます。

第二新卒はその点、まだ新卒に近い柔軟さが残っています。
この柔軟さがよく言われる「フレッシュさ」です。

 

企業側に金融機関出身者のデータが多い

金融機関出身の転職者は大変多いため、企業側も金融機関出身者の面接を多く行っています。
企業側が金融機関出身者の採用データを豊富に持っていることからも、スムーズに選考が進みます。

 

金融は「潰しが効く」は間違い

お金という汎用的な商材を扱うことから、金融機関出身者は転職がしやすい(=潰しが効く)とよく言われます。
これは間違いで、金融機関出身者は潰しが効きません

 

金融機関の業務はむしろ専門的です。
組織が大きい分各人の業務が細分化され、専門性が上がっています。

第二新卒カードで転職できなかった場合、中途で専門性を訴えながら転職することになります。
そうなると少なくとも金融機関以外、異業種への転職はハードルが高いです。

 

まとめ

第二新卒は新卒入社のミスマッチを修正出来る、最初で最後のチャンスです。
新卒のカードと同じく、大切にしなければいけないカードです。

 

第二新卒のカードは新卒3年目終了時までしか使えません。
第二新卒での就職活動において、石の上にも3年は嘘なので注意しましょう。

 

金融機関の業務はむしろ専門的なので、潰しが効きません
異業種への転職は第二新卒の期間内に行いましょう。

 

お礼・白

この記事はお役に立てましたか?
お役に立てたら、SNSでのシェアやリンクをしていただけると幸いです。

感想・質問等はお問い合わせフォームやTwitterよりお気軽にお送りください。
Twitterのフォローもお待ちしております!