まだ立会外分売申し込んでるの?【立会外分売は損な取引】

立会外分売・アイキャッチ

たまるちゃん

立会外分売に申し込みたいけど不安だなあ。。。
買付手数料は無料だし、割引もあるのがメリットだけど申し込んだほうがいいのかな?
立会外分売に申し込むのは止めるんじゃ。
配分無し、配分があっても最低株数であることがほとんど。
配分が多くあった場合は、売却しにくい株式であることが多いぞ!

デザイナーズ

 

本記事の内容
  • 立会外分売の仕組み
  • 立会外分売研究所をチェックしよう

 

記事の信頼性

自己紹介

デザイナーズ(@designers_kinyu

  • 現役の金融機関営業員
    スタートアップ企業・VC担当
  • 豊富な金融営業経験
    リテール6年半ホールセール5年以上
  • トップセールス
    リテール最高年収:2,200万円

このブログを書いているデザイナーズは、現役の金融機関営業員です。
リテールではトップセールスで、最高年収は2,200万円でした。
現在はホールセールに引き上げてもらい、スタートアップ企業やVCを中心に100億円規模の取引をしています。

 

それでは記事の本編に入ります。

 

立会外分売の仕組み

立会外分売は、証券取引所の市場内立会外取引の一種です。

証券取引所内の取引のため、市場内取引です。
立会時間に行われない取引のため、立会外取引となります。

 

分売は多くの投資家に販売することが目的です。
立会外分売の目的は、流通株式数の向上が多いです。

 

取引による4つの分類

立会外分売は「市場内取引」かつ「立会外」取引です。
理解促進のため取引の種類を大まかにまとめました。

 

市場内取引

  • 立会内取引:オークション形式
  • 立会外取引:それ以外

 

市場外取引

  • 直(じき)取引:株主同士が個別にする取引
  • 媒介(ばいかい)取引:証券会社間でする取引

 

立会外分売のスケジュール

STEP.1
株式発行企業の意向確認
指定替えに伴う流通株式数向上が目的の場合、株式発行企業と証券会社が必要株式数・買付申込数量の上限等を決める
売却人意向のみの場合、このプロセスは省略される
STEP.2
売却人への相談
売却意向のある株主に対して、立会外分売での売却を依頼する
売却人意向のみの場合、このプロセスは省略される
STEP.3
東証のスケジュール仮押さえ
立会外分売の予定日を仮押さえ
STEP.4
リリース(予定)
立会外分売予定日を2営業日〜5営業日程の期間で開示
STEP.5
リリース(実施)
実施する日を開示
実施日前日の16時頃であることが多い
STEP.6
立会外分売実施
売却人からの受注
応募者への配分
STEP.7
リリース(完了)
午前中に完了の開示
担当の証券会社へは応募倍率等の公表も有り

 

立会外分売の目的は流通株式数の向上

立会外分売を行う多くの理由は「流通株式数の向上」です。
立会外分売を行う企業が、市場に株式を放出したい時に行うことが多いです。

 

東証の定める「流通株式数」の定義は、東京証券取引所より確認できます。
流通株式数はいわゆる小口投資家の保有している株式に近いです。

流通株式数を向上させることによって、指定替えが可能になります。
指定替えとは東証マザーズ→東証一部など、上場市場のランクアップのことです。
指定替えの要件も東京証券取引所より確認できます。

 

立会外分売で株式を取得した人のほとんどが即時売却をします。

流通株式数の計算においては、株主が取得した時点の株数で計算して良いことになっています。
よって、株主が即時売却したとしても、一時的に流通株式数は増加します。

実際は増加していないのに増加したと考えても良いという、一種の裏技です。

 

立会外分売を実施する企業は東証で確認出来る

立会外分売の実施状況については東京証券取引所にて確認が出来ます。
あまり聞いたことがない会社が多いと思います。

1件あたりの金額が小さく、1人の株主へ配分する上限も低く設定されているものが多いです。
5億円以上で大型、10億円以上で超大型と言われます。

 

売れ残ってしまった場合は株主に残株が返還されます。

リスクを避けるために10億円を大きく超える場合は、売出で行われることが多いです。

 

立会外分売研究所をチェックしよう

立会外分売については立会外分売研究所だけでOKです。

分売予定や評価コメントがわかりやすいです。

 

当サイトでは立会外分売はオススメはしていません。
気になる人はチェックしてみてください。

 

参考 ~ローリスク投資の立会外分売で儲けよう~立会外分売研究所

 

まとめ

立会外分売は売りたい人のための制度です。
申し込むと損をすることも多いので、申し込まないことをお勧めします。

割引かれる数値は、理論値より少なく設定されることが多いです。
立会外分売はそもそも買い手にとっては不利な取引です。

 

お礼・白

この記事はお役に立てましたか?
お役に立てたら、SNSでのシェアやリンクをしていただけると幸いです。

感想・質問等はお問い合わせフォームやTwitterよりお気軽にお送りください。
Twitterのフォローもお待ちしております!