金融リテラシー持ってる?【2,000万円問題が発端】

マネー・リテラシー・アイキャッチ

たまるちゃん

最近「マネーリテラシー」や「金融リテラシー」っていう言葉をよく聞くようになったけど何だろう?
「老後2,000万円問題」の後「マネーリテラシー」や「金融リテラシー」という言葉を耳にする機会が増えたのう。
「マネーリテラシー」「金融リテラシー」とは、「お金に関する最低限の知識・判断力」のことじゃ。

デザイナーズ

 

本記事の内容
  • 老後資金2,000万円問題は現状問題無し
  • 金融リテラシー2007年からの歴史
  • 身につけるべき金融リテラシー4分野・15項目
  • 「金融リテラシー調査(2019年)」のポイント3つ

 

記事の信頼性

自己紹介

デザイナーズ(@designers_kinyu

  • 現役の金融機関営業員
    スタートアップ企業・VC担当
  • 豊富な金融営業経験
    リテール6年半ホールセール5年以上
  • トップセールス
    リテール最高年収:2,200万円

このブログを書いているデザイナーズは、現役の金融機関営業員です。
リテールではトップセールスで、最高年収は2,200万円でした。
現在はホールセールに引き上げてもらい、スタートアップ企業やVCを中心に100億円規模の取引をしています。

 

それでは記事の本編に入ります。

 

老後資金2,000万円問題は現状問題無し

老後資金は年金+2,000万円必要だという報告が、「年金だけじゃ足りない!」と世間に不安を与えた問題です。
2017年の高齢夫婦無職世帯の平均純貯蓄額は2,484万円と、現状問題はありません。
しかし、退職金の減少・寿命の延長・年金の減少を考えると、今後は貯蓄を積み増す必要があります。

  • 2019年6月3日に金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書が発端
  • 2017年の平均寿命は男81.1歳、女87.3歳
  • 2017年の高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月赤字額(実収入-実支出)の平均値は約5.5万円
  • 5.5(万円)×12(ヵ月)×30(年)=1,980万円

 

参考 「老後資金2,000万円問題」の裏に隠された、本当に大切なこととはわらしべ瓦版(かわらばん)

 

金融リテラシーの2007年からの歴史

2007年
「金融教育プログラム」発刊
金融広報中央委員会が「学校における金融教育推進のための懇談会」において学校教育関係の有識者の意見をもとに取りまとめる 
2011年
「金融力調査」実施
全国500地点から18歳以上のサンプルを抽出し、聴き取り、郵送等の方法で回答を得る方法で実施
調査サンプル数は3,531人
2012年
「金融経済教育研究会」設置
有識者・関係省庁・関係団体をメンバーとし、今後の金融経済教育のあり方について検討 
2013年
生活スキルとして最低限身に付けるべき金融リテラシー」明示
研究会報告書を公表しその中で言及
「家計管理」「生活設計」「金融知識及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択」「外部の知見の適切な活用」の4分野 
2014年
「金融リテラシー・マップ」(2014年6月版)公表
「生活スキルとして最低限身に付けるべき金融リテラシー」の内容を具体化して、年齢層別にマッピングした(対応付けを行った)もの
2015年
「金融リテラシー・マップ」(2015年6月改訂版)公表
大々的な改訂は無し
2016年
「金融リテラシー調査(2016年)」実施
日本の人口構成とほぼ同一の割合で収集した18~79歳の25,000人を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施
2019年
「金融リテラシー調査(2019年)」実施
2016年と同様の検査方法にて実施

 

日本がお金の教育に力を入れ始めたのは比較的最近です。

日本は第二次世界大戦敗戦・バブル崩壊と、2度も経済的に大きなショックを経験しています。
経済的に厳しい状況が長く続いたこともあり、お金の話がタブー視されていました。

徐々に改善されつつありますが、2020年時点でもお金の話は完全にオープンでは無いと言えるでしょう。

 

参考 暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト知るぽると:金融広報中央委員会

 

身につけるべき金融リテラシー4分野・15項目

金融リテラシー4分野、合計15項目を身につけましょう。
家計管理→生活設計の2分野が最も重要です。

  1. 家計管理(1項目)
  2. 生活設計(1項目)
  3. 金融知識及び金融経済事情の理解(5小分野・12項目)
  4. 外部の知見の適切な活用(1項目)
参考 最低限身につけるべき金融リテラシー(知識・判断力)金融庁|金融経済教育研究会 参考 基礎から学べる金融ガイド金融庁

 

家計管理

収入が高い金融機関の営業員は、支出を把握しない傾向が強いです。

大手金融機関では給与明細が電子的に残るため、収入は把握しやすいです。
支出は自分で把握するしかないので、記録する努力が必要になります。

 

消費者ローンでお金を借りている金融機関の営業員は結構多いです。
収入が高いため限度額が大きく、300万円以上借りている人もいます。

 

家計簿・資産管理アプリ「マネーフォワード ME」を使おう

家計管理には家計簿・資産管理アプリ「マネーフォワード ME」が最適です。

運営会社は株式会社マネーフォワードで、2017年9月29日に東京証券取引所マザーズ市場に上場しています。

 

マネーフォワード MEの特徴は以下の3つです。

  • 複数のクレジットカードや銀行口座の収支を見える化
  • iDeco・ふるさと納税サイトとの連携で資産を見える化
  • 一覧でマイルやポイントサイトとも連携しマイルやポイントを見える化

 

参考 【評判・危険性】結局、マネーフォワードが最強でした。ラクトクTimes

 

適切な収支管理(赤字解消・黒字確保)の習慣

毎月の収支は恒常的に赤字、ボーナスで補填という方も多いと思います。
現時点の収入が高く、年功序列で昇給も約束されている大企業のサラリーマンの方に多い傾向です。

将来的に収支は改善すると思いますが、収支管理を技術として身につけることは大切です。

 

遊興費
  • パチンコ
  • スロット
  • 麻雀
  • 宝くじ

 

辞めるのが最善ですが、難しい場合は金額を決めて楽しみましょう。

トータルでは勝ってる人でも、大事な時間を失っているという意味では負けです。

 

嗜好品
  • 煙草
  • コーヒー
  • エナジードリンク

 

健康にもマイナスであることが多いです。

煙草は社会的な圧力も強くなってきているので、辞めることをおすすめします。

 

水筒を持つ習慣をつけることで、飲み物代は節約することができます。
1日に数本自販機で購入している人の場合、1ヶ月で1万円程度かかっているケースもあります。

 

通信費

登録しっぱなしになっているサブスクリプションや、 携帯の料金プランを見直しましょう。
Docomo・AU・Softbank、大手3大キャリアの通信量は高いです。

 

楽天Mobileなら2,980円/月の料金で通話・通信共に無制限使い放題です(ギガ上限無し)。
初期費用も機種代金も実質無料です。
モバイルWifiとしても使えます。

なんと2020年5月30日現在では、2,980円/月の通話・通信量が1年間無料です。

 

大都市に住んでるに人には大変お勧め。
地方の人だと無制限にならない場合があるので要注意です。

デザイナーズも1台契約していますが最高です。

 

 

家賃

一般的に一番大きい固定費です。

賃貸の方は持家にする選択肢があります。
住宅ローンを組むことになりますが、住宅ローンには住宅ローン減税というメリットがあります。

 

賃貸vs持ち家

フラット35で金融機関の営業員が5,000万円の住宅ローンを組んだ場合、50万円が10年間、合計500万円所得税が少なくなります。
住宅ローン減税も含めると賃貸より持家の方がメリットが大きくなる可能性があります。

 

賃貸は掛け捨てですが、持家には資産価値があります。

家は劣化するので資産価値は基本的に下落し続けます。

 

駅近の新築マンションは資産価値が下がりにくいです。

資産価値が下がらない状態で持家が売れると、家賃は実質無料です。

 

参考 「賃貸 VS 持ち家」どっちかお得?生涯コストで徹底比較オウチーノ

 

住宅ローン減税
  • 毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除
  • 所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除
  • 令和元年10月の消費税率引上げにあわせて控除期間を13年間に拡充

 

参考 住宅ローン減税制度の概要すまい給付金|国土交通省

 

法定耐用年数
  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3mm以下):19年
  • 軽量鉄骨プレハブ造(骨格材肉厚3mm超4mm以下):27年
  • 重量鉄骨造(骨格材肉厚4mm超):34年
  • 鉄筋コンクリート造:47年
  • 木造:22年

 

資産価値を考える上で、法定耐用年数も考慮しましょう。
実際の寿命とは違いますが、客観的に資産価値を判断する際の指標になります。

 

一般的なマンションは鉄筋コンクリート造なので、法定耐用年数は47年です。
一戸建ては一般的に木造なので、法定耐用年数は22年です。

一戸建てはマンションより資産価値の減少ペースが2倍以上です。
資産価値はマンションの方が下がりにくいです。

 

参考 鉄骨造、鉄筋コンクリート造の耐用年数ってどれくらい? 法定耐用年数と実際の寿命はどう違う?住まいのお役立ち記事|SUUMO

 

クレジットカード

現金がないと管理が出来ないというのは過去の時代です。

マネーフォワード ME」のような優れた家計簿アプリがあります。
現代ではクレジットカードの持つメリットだけを享受することができます。

 

クレジットカードのメリット
  • 現金がなくても買物できる
  • ATM手数料が節約できる
  • ポイントが貯まる
  • 保険などの特典が受けられる
  • 家計の管理がしやすくなる

 

プレミアムカードへの切り替え

金融機関の営業員の収入の場合、年会費無料のカードではなく年会費を払うゴールド・プラチナのカードがお勧めです。
ポイント付与率やサービスの質が高く、年会費を払っても元が取れます。

 

クレジットカードは「楽天プレミアムカード」が最強です。

デザイナーズも三井住友プラチナカード(年会費5万円)から乗り換えました。
還元率を含めた満足度は、楽天プレミアムカードの方が断然高いです。

 

参考 楽天カード 特徴・メリット|クレジットカード比較価格.com

 

 

生活設計

人生の3大費用を中心に、支出にターゲットを合わせてお金を適切に貯蓄・運用していきましょう。

人生の3大費用の概算は以下の通りです。

  • 教育:1,000万円/1人
  • 住宅:3,000〜4,000万円/新築一棟
  • 老後:25万円/年

 

病気・事故・災害・失業などに備えて、緊急資金も用意しましょう。
生活費の3ヶ月〜1年分が目安です。

 

ライフプランの明確化及びライフプランを踏まえた資金の確保の必要性の理解

ライフプランの明確化にはライフイベントを想定する必要があります。

代表的なライフイベントは以下の通りです。

 

自分の力で決めれないことも多いです。

2〜3年の幅を設けて、まずは緩く考えてみましょう。
結婚も出産も自分の力だけじゃ出来ません。

 

金融知識及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択

金融営業ドットコムでは金融商品に関する商品知識や市場環境、制度手続きに関する記事を多く紹介しています。

 

投資信託・買ってはいけない・アイキャッチ 投資信託を買ってはいけない唯一の理由【手数料が高い】 FX・大損・アイキャッチ FXで大損する唯一の理由【通貨価値を分析しよう】 IPO・当選・アイキャッチ まだ抽選に申し込んでるの?IPOは営業員から貰おう

 

金融取引の基本としての素養

金融取引だけではなく、社会生活一般に必要な習慣です。

成人、少なくとも社会人1年目までは身につけておきましょう。
自分の行動の責任を自分で取る年齢です。

 

契約にかかる基本的な姿勢の習慣化

契約書をよく読みましょう。

  • 相手方
  • 日付
  • 条件

などが明記されているか確認し、不明点があったら質問しましょう。

 

情報の入手先や契約の相手方である業者が信頼できる者であるあどうかの確認の習慣化

情報は官公庁のデータや法令に基づいたものを使うようにしましょう。
情報の信憑性が低い場合は自分で追加で調べましょう。

 

安易に人づてに聞いた情報を信頼してはいけません。

ネット掲示板の情報を鵜呑みにするのもNGです。

 

インターネット取引は利便性が高い一方、対面取引の場合とは異なる注意点があることの理解

クーリング・オフが適用されないなど、消費者保護の体制も違います。
またクリック一つで契約が成立してしまうので注意が必要です。

 

金融分野共通

金融経済の基礎知識・コストの確認は大変重要です。

教育する立場の小・中・高等学校の先生は十分な金融経済教育を受けていません。
先生も勉強しながら教えている状況です。

 

参考 教育現場のための金融経済学習サイト。「授業で使う」「授業でつくる」ためのコンテンツが満載!金融経済ナビ

 

金融経済教育において基礎となる重要な事項(金利(単利、複利)、インフレ、デフレ、為替、リスク・リターン等)や金融経済情勢に応じた金融商品の利用選択についての理解

現在(2020年5月時点)の学生は金融教育プログラムによって金融経済教育を受けています。

しかし、現在(2020年5月時点)の社会人は十分な金融経済教育を受けていません。
FP2級取得レベルの学習をすることにより、同等のレベルまで知識レベルを引き上げられます。

 

金融機関営業員だと土日缶詰になって勉強すれば取れる資格です。

デザイナーズも若い時に2日徹夜で勉強して取得しました。

 

 

取引の実質的なコスト(価格)について把握することの重要性の理解

金融商品には見えにくいコストが多く含まれています。
契約書を読んでも複雑で気付かないことが多いです。

投資家保護が進んできたため、現在は金融機関の営業員がきちんと説明してくれます。
インターネット取引の場合、自分で能動的に確認して理解をする必要があります。

 

投資信託・買ってはいけない・アイキャッチ 投資信託を買ってはいけない唯一の理由【手数料が高い】

 

保険商品

たくさんの人がお金を出し合い、お金を出し合った人の中で困っている人に必要なお金が支払われる金融商品です。

金融商品の中では一番身近なものなので、正しい理解が必要です。

 

主要な保険は以下の5つです。

  • 死亡保険
  • 個人年金保険
  • 自動車保険
  • 火災保険/地震保険
  • 医療保険

 

保険も金融商品なので、申込時手数料がかかったり運用期間中にも手数料が発生したりします。
補償(保障)が必要ないなら別の金融商品で運用したほうがコストは低くなります。

 

富裕層は損害保険(自動車保険・火災保険など)以外は入る必要がありません。
貯蓄が十分にある場合、生命保険・医療保険に入る必要性が薄まります。

 

自分にとって保険でカバーすべき事象(死亡・疾病・火災等)が何かの理解

結婚しているかどうか、子供がいるかどうかでカバーすべき事象は大きく変わります。

 

独身の場合は自分のための医療保険だけで十分です。

既婚者の場合は守るものができるため、医療保険・学資保険・死亡保険など、家族のために入る必要性のある保険が増えます。
子供が大きくなったら老後の個人年金保険・介護保険を検討するイメージになります。

 

カバーすべき事象発生時の経済的補償の必要額の理解

受け取る保険金を多く設定すると、支払う保険料は高くなります。

必要な保障(補償)はどの程度なのか、自分の将来設計に合わせて考えることが大事です。
ライフイベントを意識してライフプランをまず作りましょう。

 

クーリングオフ制度
  • 「クーリング・オフに関する書面を受け取った日」か「申し込み日」のいずれか遅い日から起算
  • 起算日を含めて8日以内であれば申込の取消が可能
  • インターネット・郵送などの通信販売での申込には制度が適用されない
  • 通信販売でも適用されるケースや、8日超の期間を独自に設定しているケースもある

 

ローン・クレジット

ローン・クレジットは「借金」です。
住宅ローンもサラ金も闇金も同様の「借金」であることを認識しましょう。

仕組みは同じで金利が違うだけです。

 

住宅ローンを組む際の留意点の理解

持家を買う時、基本的に住宅ローンを組むことになります。

4,000万円の住宅ローンを組む場合、4,000万円の借金をしていることになります。
金利が1.5%なら、初年度は60万円近い金利がかかっています。
1年で150万円返済したとしても、支払金額の40%は金利の支払いです。

 

住宅ローンは多額の借金です。
無理のない借入限度額の設定、返済計画を立てることが重要です。

 

年収1,000万円の一般的な金融機関営業員のモデル
  • 借入額:4,000万円
  • ボーナス1回あたりの追加ご返済額(年2回):27万円
  • 借入額に占めるボーナス返済額:約1,578万円(39%)
  • 金利タイプ:フラット35S
  • 固定金利(10年):1.05%
  • 返済方法:元利金等返済

 

金融機関はボーナスも多いので、ボーナス時の支払いを厚くしています。
マンションだとこれに修繕積立金とかも乗ってくるから、月の負担は10万円弱のイメージです。

 

返済シュミレーション

 

返済予定表

 

参考 年収から借入可能額をシミュレーション|住宅ローン楽天銀行

 

返済が困難になる事象への対応

返済が困難になる事象への対応も考える必要があります。
病気で働けなくなる(就労不能になる)場合の保障についてです。

 

一般的な方法としては、「傷病保障付住宅ローン」を契約することです。
0.2〜0.3%の金利を上乗せすることで、大きな病気にかかった時の住宅ローン残高が0になります。

住宅ローンにくっついてる保険から支払われる保険金で、住宅ローンの残高を返済するスキームです。
4,000万円の物件の場合、0.3%/年=12万円/年と比較的高額です。

現在契約している保険や、個別の保険で対応することも選択肢の一つになります。

 

参考 8疾病保障付住宅ローンイオン銀行

 

無計画・無謀なカードローンなどやクレジットカードの利用を行わないことの習慣化

金融機関の営業員は収入も支出も多いため、多重債務に陥る危険が高いです。
不意なことで誰でも多重債務に陥る可能性があります。

 

多重債務に陥った場合、自分の借金を把握すること、自分一人で抱え込まないことが重要です。

多重債務に陥る原因は主に以下の6つです。

  • 生活苦・低所得・事業資金の資金繰り
  • 無計画なクレジットカード・キャッシングの利用
  • 連帯保証人
  • 借金返済のための借金
  • 契約内容の不十分な認識
  • 悪質金融業者(闇金など)の被害

 

資産形成商品

株式・債券・投資信託が並列で話題になりますが間違っています。
株式・債券は加工されていない金融商品(発行会社が直接発行するもの)ですが、投資信託は加工された金融商品です。

株式・債券は継続保有時のコストはかかりませんが、投資信託は信託報酬というコストがかかります。

 

  • 株式
  • 債券
  • 為替(FX含む)

が加工されていない金融商品です。

資産形成のためには、株式・債券・為替を組み合わせた投資がおすすめです。

 

投資信託・買ってはいけない・アイキャッチ 投資信託を買ってはいけない唯一の理由【手数料が高い】 FX・大損・アイキャッチ FXで大損する唯一の理由【通貨価値を分析しよう】

 

人によってリスク許容度は異なるが、仮により高いリターンを得ようとする場合には、より高いリスクを伴うことへの理解
  • 年齢
  • 資金の量
  • 金融知識の量

などによってリスク許容度は変わります。

 

若くて資金があって金融知識が豊富であればあるほど、リスク許容度は大きくなります。
働いてない80歳の老人は収入も年金しかなく、増やす必要もないためリスク許容度は低くなります。

 

  • ローリスク&ローリターン
  • ミドルリスク&ミドルリターン
  • ハイリスク&ハイターン

の3つしか金融商品には存在しません。
ノーリスク&ハイリターンはあり得ません。

 

ただし、ハイリスク&ローリターンの金融商品は多く出回っているので注意してください。

本来ハイリスク&ハイリターンの商品でも、金融機関の手数料が大きいとハイリスク&ローリターンになってしまいます。

 

「必ず儲かる」「安全・確実・高利回り・元本保証」こういった説明はまず疑いましょう。

 

資産形成における分散(運用資産の分散・投資時期の分散)の効果の理解

運用資産の分散・投資時期の分散、この2つの分散を行うことが重要です。

 

運用資産の分散

 

運用資産を分散することで、価格変動リスクを低減することができます。
倒産リスク(デフォルトリスク)も軽減することができます。

デフォルト件数は多い年でも日本で10件前後です。
絶対数としては多くありませんが、影響が大きいので気を付けましょう。

 

1つの会社の株式だけ投資をする場合、その会社が倒産したら資産は0です。
1つ選んだ会社が成長し続けて、株価が上昇していれば問題はありません。

ただ現在は2〜3年先も見えない時代なので、一極集中は避けた方が賢明です。
不祥事で急に倒産する可能性もあります。

 

投資時期の分散

 

運用資産の分散だけでなく、投資時期の分散をすることでもリスクを軽減できます。

定期的に一定額を投資する定額購入法(ドル・コスト平均法)がメジャーです。
投資するタイミングによる価格変動リスクを抑える効果があります。

 

高いとこでも安いとこでも買ってるので、価格変動を気にしなくてOKです。
安い時は数量を多く、高い時は数量を少なく買うことが大きな特徴です。

右肩下がりの相場が半永久的に続かない限り、含み益になるポイントが必ずくる投資手法です。

 

短期的に株価は大きく変動することがありますが、保有期間が長くなるほど理論値に集約していきます。

 

  • 利益1億円/年
  • 利益は10%逓増/年

こんな会社があった場合、基本的には株価も10%ずつ逓増していきます。
理論値を信じて保有し続けられるかが重要です。

 

資産形成における長期運用の効果の理解

 

積立投資は短期的な値動きに一喜一憂することなく、長期の複利効果を得ることが出来ます。
まとまったお金もあらかじめ用意する必要がないため、若年層に適した手法です。

 

外部の知見の適切な活用

現在(2020年5月時点)投資をする主体である30代以上の方は、十分な金融経済教育を受けていません。
自分だけの知識に頼らず、情報を集めて客観的な視点で金融商品を選択しましょう。

 

参考 マネーフォワードモール|金融商品の比較・申し込みサイトマネーフォワード 参考 株式・投資信託・ETF・ニュース・ランキング投資信託のモーニングスター 参考 新時代を生きるための経済金融メディアZUU online

 

金融商品を利用するにあたり、外部の知見を適切に活用する必要性の理解

金融商品は大手であればあるほど、製作会社と販売会社が同じグループであることが多いです。
最初から1つの金融機関や商品に絞り込むのではなく、様々な金融機関の商品やサービスと比較検討しましょう。

 

「大手金融機関だからOK」「馴染みの金融機関だからOK」という考え方はいけません。

合法的な提案はしてくれますが、提案された金融商品が自分に合ったものかどうかは自分で判断する必要があります。

 

利益も損失も自分に返ってきます。
投資は自己責任ということを意識しましょう。

 

「金融リテラシー調査(2019年)」のポイント3つ

金融リテラシー調査(2019年)のポイントを3つだけピックアップしていきます。

  • 金融教育を求める声と金融教育を受けた認識にギャップがある
  • 金融知識に関する自己評価が著しく低い
  • 期待収益率+5%の投資実行意欲が希薄

 

調査方法

  • 日本の人口構成とほぼ同一の割合で収集した18~79歳の25,000人が対象
  • インターネットによるアンケート調査
  • 金融リテラシー(お金の知識・判断力)の現状把握が目的

 

金融教育を求める声と金融教育を受けた認識にギャップがある

 

金融教育を行うべきとの意見の人は67.2%と多かったです。
しかし、その中で金融教育を受けた人は8.5%と低い数値でした。

学生は過半数が金融教育を受けていることから、多くの社会人は金融教育を受けていないことが推測されます。

 

金融知識に関する自己評価が著しく低い

 

金融知識に自信がある人のウエイトは、米国の76%に対して日本は12%でした。
64%もの開きがあります。

金融教育を受けたと認識している学生は、知識・行動・自信ともに、受けていない学生より高いことがわかりました。

 

期待収益率+5%の投資実行意欲が希薄

 

期待収益率+5%の投資に対して77.3%(2016年:78.6%)の人が「投資しない」と回答。
日本人の損失回避傾向は総じて強いことがわかりました。

年代を問わず、女性の方が男性より損失回避傾向は高かったです。
損失回避傾向が強い人は、金融商品への投資を控える人が多いです。

 

「損は絶対ダメ」という思考停止の日本人が多いです。

金融教育を受けて早急に是正する必要があると感じました。

 

まとめ

「金融リテラシー」は「お金に関する最低限の知識・判断力」です。
最低限とはいっても、金融教育を受けてきていない現在(2020年5月時点)の社会人にとっては勉強することが多いです。

FP2級取得のレベルの学習で、同等の知識レベルまで引き上げることが出来ます。

 

ライフイベントを想定しライフプランを立てることが重要です。

マネーフォワード ME」の様な家計簿アプリでの収支管理を始めましょう。

クレジットカードは「楽天プレミアムカード」が最強です。

 

お礼・白

この記事はお役に立てましたか?
お役に立てたら、SNSでのシェアやリンクをしていただけると幸いです。

感想・質問等はお問い合わせフォームやTwitterよりお気軽にお送りください。
Twitterのフォローもお待ちしております!