【会社の辞め方】金融機関の営業が辛い時に絶対守る唯一のこと

会社・辞める・アイキャッチ

たまるちゃん

個人営業が辛いです。
寝ても疲れが取れないし、遊ぶ元気もなくなってきたよ。。。
営業成績も出ないし、上司に詰められてばかりでもう会社を辞めたいなあ。
転職先が決まっていない退職はNGである。
忍耐がない・計画性がないという事実が履歴書に残ってしまうぞ。
自分の意思が固まっていれば、転職は1ヶ月で決まる。
退職願は転職先が決まってから提出するのじゃ!

デザイナーズ

 

本記事の内容
  • 金融機関の大量採用・大量退職イメージは数値には出ない
  • 転職先が決まっていない退職がNGな3つの理由
  • 会社を辞めたくなった時に考える6つのこと

 

記事の信頼性

自己紹介

デザイナーズ(@designers_kinyu

  • 現役の金融機関営業員
    スタートアップ企業・VC担当
  • 豊富な金融営業経験
    リテール6年半ホールセール5年以上
  • トップセールス
    リテール最高年収:2,200万円

このブログを書いているデザイナーズは、現役の金融機関営業員です。
リテールではトップセールスで、最高年収は2,200万円でした。
現在はホールセールに引き上げてもらい、スタートアップ企業やVCを中心に100億円規模の取引をしています。

 

デザイナーズ社会人3年目の転職活動

デザイナーズも3年目の時に個人営業に疲れ、転職を考えました。
リクルートエージェントに登録し、平日仕事が終わった後新幹線に乗ってエージェントに会いに行きました。

MRや医療機器の販売などの紹介が多かったです。
外資の製薬会社のMRや、MRIを販売する会社に転職しかけました。
今の会社に残る決断をしましたが、外の世界を見るという意味では良い経験でした。

 

転職活動前のデザイナーズの精神はボロボロでした。
寝ても疲れが取れない、会社に行きたくない、土日が全く楽しくない。

毎晩酒を浴びるように飲んでいましたが、ストレスが抜けませんでした。
うつの初期症状だったと思います。

 

それでは記事の本編に入ります。

 

金融機関の大量採用・大量退職イメージは数値には出ない

 

厚生労働省は半年に1回「雇用動向調査」を発表しています。
入職者と退職者の推移などのデータを公表します。

 

金融機関は実を言うと入職者・退職者の数がほかの業種に比べると少ないです。

ただし金融機関は大卒が多く、高卒・中卒が少ないです。
パート・アルバイトも少ないです。

 

入職者・退職者がほぼ大卒の正社員であることから、数値以上の大量採用・大量退職のイメージがついていると考えられます。

 

転職先が決まっていない退職がNGな3つの理由

転職先が決まっていない退職は絶対にNGです。

以下の3つの理由により転職活動が大変しにくくなります。

  1. 履歴書に空白期間ができる
  2. 転職条件が悪くなる
  3. 収入が途絶える

 

履歴書に空白期間ができる

「履歴書に空白期間が出来る」=「履歴書が汚れる」です。
転職活動期間と説明することも出来ますが、

  • 退職前に転職先を決める忍耐力が無い人材
  • 退職前に転職先を決める計画性が無い人材

と一般的には見られます。

 

しかも、自分の履歴書に一生ついて回ります。

最終学歴は大学の入り直し等で変更可能です。
履歴書は時系列で書く必要があるため、過去を消すことが出来ません。

 

履歴書に空白期間は作らないようにしましょう。
在職中に転職活動を完了させ、入社時期を決めてから退職届を出しましょう。

 

リクルートエージェントのような転職サービスを活用すれば、現職の仕事を続けながらもスムーズな転職活動が可能になります。
デザイナーズの時はエージェントとの面接後、すぐに面接のアポ入れをしてくれました。

リクルートエージェント用の非公開求人も多いです。
求人数・転職支援実績・顧客満足度No.1なので、機会があればぜひ活用してください。

 

 

転職条件が悪くなる

在職中の転職活動の場合、現職の雇用条件を転職先との交渉材料として使うことが出来ます。
しかし、退職し無職の状態で転職活動をした場合、前職の雇用条件は過去のものです。

一定の考慮はありますが、十分な交渉材料とならなくなります。

 

前職からの雇用条件引き上げ・維持を考えている場合は、在職中に転職活動を行うことが必須です。
転職先に足元を見られないようにしましょう。

 

収入が途絶える

自己都合での退職の場合、失業給付金の受給開始期間は3ヶ月+1週間後です。

転職活動が長引いた場合、3ヶ月ちょっと全く収入がなくなる可能性があります。

 

また、収入がない状態で支出がかさむのは、精神衛生上悪いです。
目先のお金に目が眩み、本意ではない会社に就職してしまう可能性があります。

 

無収入の期間を作らない様にしましょう。
そのためには在職中に転職活動を完了させる必要があります。

 

参考 雇用保険と失業給付金 退職手続きマニュアル~役所・公的機関に行く前に~転職ならdoda(デューダ)

 

会社を辞めたくなった時に考える6つのこと

会社を辞めたくなる時は身体的・精神的に追い詰められています。
金融機関においては、退職は前向きなものよりは後ろ向きなものが多いです。

 

逃げることは悪いことではありません。
不快な場所を避けることは至極当然であり、職場においてだけ適用されないということは一切ありません。

悪影響が出ないように綺麗に辞めることが重要です。

 

会社を辞めたくなった時に考えて欲しいことを6つ挙げさせていただきます。
立ち止まってリラックスすることが大事です。

  1. うつ病の可能性
  2. 健康あっての仕事
  3. 仕事だけが人生ではない
  4. 職場はここだけではない
  5. 転職は思ったより簡単
  6. 仕事に自分が求めるもの

 

 うつ病の可能性

健康でない時は冷静な判断ができません。
特に退職・転職は大きな決断になります。
出来る限り健康状態が良い時に転職活動は行うべきです。

 

  • 退職したい
  • 転職したい

と思う時は、今の状況から逃げたい時が多いです。
精神的に追い込まれている時が多いため、精神の健康状態が悪いです。

 

軽度のうつ病になっている可能性もあります。
軽度の場合通院せずに、「うつ病の可能性を認識する」ことで症状が改善することが多いです。
認識した上で前向きな行動(転職活動含む)をしていけば、自然と改善します。

どうしても改善しない場合は医療施設を利用しましょう。

 

15人に1人はうつ病を経験するという統計データがあります。
厳しい金融営業を行う金融営業員の場合、15人に1人どころではないでしょう。

医療機関にかかっているうつ病患者は日本だけで100万人います。
うつ病は誰でもかかる可能性のある身近な病気です。

 

参考 うつ病の患者数うつ病の情報・サポートサイト こころの陽だまり

 

健康あっての仕事

仕事のために健康な体があるのではなく、健康な体があるから仕事が出来ます。
健康な体を害してまで仕事はするものではありません。

 

仕事だけが人生ではない

仕事が出来ない状況にある場合、仕事はしなくても大丈夫です。
生活保護で生きることも1つの人生です。

 

職場はここだけではない

閉鎖的なコミュニティである「職場」に長くいると、コミュニティから抜けることに恐怖感を覚えます。
恐怖感を覚えるのは誤った感覚です。

  • 職場は無数にある
  • 職業選択の自由は労働者にある

 

労働者は職場に縛りつけられている存在ではありません。

 

転職は思ったより簡単

金融機関は基本的に新卒で入社するには狭き門です。
その狭き門をくぐった営業員は優秀な人材です。

今は疲れているかもしれませんが、優秀だった人材は今でも優秀な人材です。
若い人は第二新卒も視野に入れればスムーズな転職が可能です。

 

仕事に自分が求めるもの

現在の仕事に自分が求めるものがある場合、ちょっとした障害では仕事を辞めようとは思いません。

  • 現在の仕事が自分に与えるもの
  • 自分が仕事に求めるもの

この2つにミスマッチがある可能性があります。

 

例えば自分は仕事に高い給料を求めている場合、低い給料しかもらえない状態だと、不満が溜まり心身の調子も悪くなります。
自分は仕事に承認欲求の満足(誰かに認められたい)を求めているのに、一向に上司に評価されない場合だと、給料がいくら高くても不満はたまります。

 

「仕事に自分が求めるもの」=「仕事が自分に与えるもの」であればあるほど、ストレスは少なくなります。
就職活動の自己分析と会社分析をもう一回やってみましょう。

 

まとめ

転職先が決まっていない退職は、履歴書が汚れるので絶対NGです。

「仕事に自分が求めるもの」=「仕事が自分に与えるもの」であればあるほど、ストレスが少なくなります。

 

転職活動をする前に、自己分析・会社分析をしなおしましょう。

自分の考えがしっかりしていれば、リクルートエージェントの様な転職サービスを活用すると1ヶ月で転職が決まります。

 

転職・退職を考える時は、心身ともに追い込まれている時が多いです。

一旦立ち止まって考え、元気な状態で転職活動は行いましょう。

 

お礼・白

この記事はお役に立てましたか?
お役に立てたら、SNSでのシェアやリンクをしていただけると幸いです。

感想・質問等はお問い合わせフォームやTwitterよりお気軽にお送りください。
Twitterのフォローもお待ちしております!