名刺交換は対象を選定しない限り無意味【経営者限定で交換しよう】

名刺・アイキャッチ

たまるちゃん

上司に名刺集めを指示されてるよ。
スーツを着ている人に声掛けして名刺交換しているけど意味あるのかな?
なかなか次に繋がらなくて困っています。。。
名刺集めは対象を選定しない限り意味がないぞ。
株式会社の社長限定で名刺を交換をするのじゃ!

デザイナーズ

 

デザイナーズの名刺集め

新入社員から4年間は、名刺集めを含めた新規開拓を行なっておりました。

タッチした株式会社は10,000件以上、集めた名刺は1,000枚以上です。
集めた名刺は、ほぼ全て経営者の名刺です。

 

本記事の内容
  • 会社が新入社員に名刺集めをさせる3つの理由
  • 株式会社の社長と名刺交換して成績UP
  • 名刺集めをするべき場所は「本社」だけ

 

記事の信頼性

自己紹介

デザイナーズ(@designers_kinyu

  • 現役の金融機関営業員
    スタートアップ企業・VC担当
  • 豊富な金融営業経験
    リテール6年半ホールセール5年以上
  • トップセールス
    リテール最高年収:2,200万円

このブログを書いているデザイナーズは、現役の金融機関営業員です。
リテールではトップセールスで、最高年収は2,200万円でした。
現在はホールセールに引き上げてもらい、スタートアップ企業やVCを中心に100億円規模の取引をしています。

 

それでは記事の本編に入ります。

 

会社が新入社員に名刺集めをさせる3つの理由

  1. 度胸をつけさせるため
  2. 新入社員同士を競争させ、切磋琢磨させるため
  3. 達成可能な目標を与え、自信をつけさせるため

 

度胸をつけさせるため

新入社員にとって全く知らない人と話すことは怖いことです。
その恐怖心を払拭するために、ゲーム感覚で名刺を集めさせます。

自然と度胸がつきます。

 

新入社員同士を競争させ、切磋琢磨させるため

集めた名刺の数を競争させることで、新入社員同士で切磋琢磨する関係が芽生えます。

新入社員は会社に利益で貢献しにくいです。
仕事への参画意識を持たせるために名刺交換は重要です。

新入社員同士の横の繋がりも生まれます。

 

達成可能な目標を与え、自信をつけさせるため

手の届きやすい目標を新入社員に与え達成させることで、自信をつけさせます。
退職・転職のリスクを抑えることに繋がります。

 

株式会社の社長と名刺交換して成績UP

株式会社の社長に絞っての名刺集めをしましょう。
経営者に絞った名刺交換は、成績がUPしやすい営業方法です。

営業における最高の新規開拓先は株式会社です。

 

トップセールス・アイキャッチ 成績上位1%!株式会社の新規開拓だけで達成する方法

 

名刺集めをするべき場所は「本社」だけ

名刺集めが出来る場所は、主に以下の4つです。
名刺集めをするべき場所は最後の本社だけです。

  1. セミナー・パーティは名刺集めに不適切な場所
  2. 路上は名刺集めに不適切な場所
  3. 支社・営業所は名刺集めに不適切な場所
  4. 本社は名刺集めに最適な場所

 

セミナー・パーティは名刺集めに不適切な場所

異業種交流会・経営者交流会などのセミナー・パーティです。
名刺集めの場所としては不適切です。

理由は以下の2つです。

  1. 名刺は集まるが連絡がつきにくい
  2. 第一印象が悪い

 

名刺は集まるが連絡がつきにくい

しかし、セミナー・パーティに営業されたくて来てる人はいません。
名刺交換をしても電話が繋がらないことも多いです。

 

株主総会では社長と名刺交換が出来る

上場企業の株主総会と決算説明会では、社長と気軽に名刺交換が出来ます。
しかし、そこから営業につなげることは難しいです。

 

第一印象が悪い

経営者は苦労してきているので、近道を嫌がります。
セミナー・パーティでの営業活動はずる賢く見える可能性があります。

 

路上は名刺集めに不適切な場所

以下3つの理由から、路上は名刺集めに不適切な場所と分かります。

  1. 対象の選定が出来ない
  2. 相手に時間が無い
  3. 無差別に声かけをしている印象を持たれる

 

対象の選定が出来ない

路上を歩いている人の中から対象を選ばなければいけません。
どんな人かは名刺を貰うまで分かりません。

経営者と名刺交換をすることが目的なので、無駄が多くなります。

 

相手は時間がない

路上での名刺交換時、相手は移動中です。
時間がないことが理由で、名刺交換して貰えない可能性が高いです。

 

無差別に声かけをしているという印象を持たれる

第一印象が大事なビジネスにおいて、初回の印象が悪いことは良くありません。

 

支社・営業所は名刺集めに不適切な場所

支社・営業所には経営者はおらず、従業員だけがいることが多いです。
法人格もないため、支社・営業所の口座開設も出来ません。

 

本社は名刺集めに最適な場所

経営者が常駐している可能性が高く、法人格があります。
株式会社の本社を訪問し、代表取締役と名刺交換することが重要です。

 

まとめ

名刺交換は株式会社を訪問して経営者とだけ行いましょう。
数は少なくてもOKです。

経営者の名刺を集めることが、営業成績向上に直結します。

 

お礼・白

この記事はお役に立てましたか?
お役に立てたら、SNSでのシェアやリンクをしていただけると幸いです。

感想・質問等はお問い合わせフォームやTwitterよりお気軽にお送りください。
Twitterのフォローもお待ちしております!