メガバンク「大リストラ」後の未来は明るい【新入社員待遇UP】

明るい・未来・アイキャッチ

たまるちゃん

メガバンクのリストラが進んでるなあ。
他の金融機関も同じ状態なのではないかと不安です。。。
今は金融機関に就職しないほうが良いのかな?
リストラによって金融機関は低コストな組織に生まれ変わる。
コストの低い新卒・若手社員は重宝される時代になるのじゃ。
リストラの荒波に揉まれるのは50歳前後の高コストな人員である。
20代にとっては今が旬の就職先じゃ!

デザイナーズ

 

本記事の内容
  • 金融機関は採用を2割絞った
  • メガバンク「大リストラ」後の未来は若手には明るい

 

記事の信頼性

自己紹介

デザイナーズ(@designers_kinyu

  • 現役の金融機関営業員
    スタートアップ企業・VC担当
  • 豊富な金融営業経験
    リテール6年半ホールセール5年以上
  • トップセールス
    リテール最高年収:2,200万円

このブログを書いているデザイナーズは、現役の金融機関営業員です。
リテールではトップセールスで、最高年収は2,200万円でした。
現在はホールセールに引き上げてもらい、スタートアップ企業やVCを中心に100億円規模の取引をしています。

 

メガバンク・お勧め・アイキャッチ メガバンクに就職しないの?製造業1位の2倍の生産性

 

それでは記事の本編に入ります。

 

金融機関は採用を2割絞った

2020年度の採用人数合計は上位300社中だと約1.1万人です。
去年が上位300社中約1.3万人なので、2割ほど少なくなっています。

 

新卒採用数が多い会社ランキング(2020年)

「新卒採用数が多い会社ランキング」トップ300社(2020年入社データ)内の順位を掲載します。
2020年入社人数(予定含む)/2019年入社人数(予定含む)/2019年からの増減率の順に記載。

 

  • 7位:東京海上日動火災保険/639人/592人/7.9%増
  • 9位:三井住友銀行/600人/650人/7.7%減
  • 12位:りそなホールディングス/565人/565人/変化無し
  • 14位:みずほフィナンシャルグループ/550人/700人/21.4%減
  • 15位:三菱UFJ銀行/531人/951人/44.2%減
  • 23位:大和証券グループ/450人/700人/35.7%減
  • 27位:三井住友海上火災保険/440人/460人/4.3%減
  • 31位:三井住友信託銀行/417人/410人/1.6%増
  • 32位:あいおいニッセイ同和損害保険/410人/448人/8.5%減
  • 42位:SMBC日興証券/368人/340人/8.2%増
  • 49位:野村證券/339人/627人/45.9%減
  • 66位:明治安田生命保険(相)/290人/290人/変化無し
  • 78位:みずほ証券/250人/350人/28.6%減
  • 78位:ゆうちょ銀行/250人/250人/変化無し
  • 90位:住友生命保険(相)/229人/246人/6.9%減
  • 95位:イオンフィナンシャルサービス/224人/241人/7.1%減
  • 98位:千葉銀行/221人/201人/10.0%増
  • 99位:岡三証券/220人/250人/12.0%減
  • 103位:関西みらい銀行/210人/245人/14.3%減
  • 109位:第一生命保険/204人/215人/5.1%減
  • 110位:三菱UFJ信託銀行/200人/250人/20.0%減
  • 119位:福岡銀行/195人/220人/11.4%減
  • 126位:静岡銀行/180人/187人/3.7%減
  • 140位:日本生命(相)/160人/160人/変化無し
  • 151位:横浜銀行/153人/127人/20.5%増
  • 154位:京都銀行/150人/180人/16.7%減
  • 160位:紀陽銀行/148人/150人/1.3%減
  • 166位:中国銀行/144人/151人/4.3%減
  • 166位:中央労働金庫/144人/104人/38.5%増
  • 176位:第四北越フィナンシャルグループ/138人/-/-
  • 184位:群馬銀行/132人/171人/22.8%減
  • 190位:七十七銀行/130人/130人/変化無し
  • 198位:滋賀銀行/129人/145人/11.0%減
  • 216位:広島銀行/120人/160人/25.0%減
  • 216位:京都銀行/120人/100人/20.0%増
  • 226位:伊予銀行/119人/113人/5.3%増
  • 241位:東海東京フィナンシャル・ホールディングス/112人/174人/35.6%減
  • 246位:常陽銀行/110人/130人/15.4%減
  • 254位:三菱UFJニコス/107人/102人/4.9%増
  • 261位:百五銀行/104人/90人/15.6%増
  • 261位:大道生命保険/104人/86人/20.9%増
  • 274位:大垣共立銀行/100人/145人/31.0%減
  • 274位:足利銀行/100人/130人/23.1%減
  • 288位:四国銀行/99人/94人/5.3%増
  • 295位:八十二銀行/97人/105人/7.6%減
  • 295位:共栄火災海上保険/97人/100人/3.0%減

 

参考 「新卒採用数が多い会社ランキング」トップ300就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

新卒採用数が多い会社ランキング(2019年)

2019年度は就活生80万人に対して、上位300社中の金融機関採用人数は約1.3万人でした。
就活生全体の2%弱が、上位300社中の金融機関からの採用枠に入ります。

「採用数が多い会社ランキング」トップ300社(2019年入社データ)内の順位を掲載します。

 

  • 1位:三菱UFJ銀行/951人
  • 6位:みずほフィナンシャルグループ/700人
  • 6位:大和証券グループ/700人
  • 9位:三井住友銀行/650人
  • 11位:野村證券/627人
  • 14位:東京海上日動火災保険/592人
  • 17位:りそなホールディングス/565人
  • 27位:三井住友海上火災保険/460人
  • 30位:あいおいニッセイ同和損害保険/448人
  • 37位:三井住友信託銀行/410人
  • 47位:みずほ証券/350人
  • 51位:SMBC日興証券/340人
  • 68位:明治安田生命保険/290人
  • 70位:三菱UFJモルガン・スタンレー証券/280人
  • 76位:オリックス/263人
  • 79位:ゆうちょ銀行/250人
  • 79位:岡三証券/250人
  • 86位:住友生命保険/246人
  • 88位:関西アーバン銀行/245人
  • 88位:近畿大阪銀行/245人
  • 90位:イオンフィナンシャルサービス/241人
  • 102位:全国農業協同組合連合会(JA全農)/224人
  • 103位:福岡銀行/220人
  • 105位:第一生命保険/215人
  • 113位:千葉銀行/201人
  • 126位:静岡銀行/187人
  • 133位:京都銀行/180人
  • 138位:東海東京フィナンシャルホールディングス/174人
  • 140位:群馬銀行/171人
  • 147位:広島銀行/160人
  • 147位:日本生命保険/160人
  • 158位:中国銀行/151人
  • 159位:紀陽銀行/150人
  • 167位:大垣共立銀行/145人
  • 167位:滋賀銀行/145人
  • 167位:オリエントコーポレーション/145人
  • 199位:七十七銀行/130人
  • 199位:常陽銀行/130人
  • 199位:足利銀行/130人
  • 199位:商工中金/130人
  • 207位:北陸銀行/129人
  • 213位:横浜銀行/127人
  • 247位:伊予銀行/113人
  • 272位:八十二銀行/105人
  • 276位:中央労働金庫/104人
  • 280位:三菱UFJニコス/102人
  • 284位:東洋証券/101人

 

離職率・アイキャッチ 5年目の離職率70%!大手金融機関の就職・退職の実態

 

平均2割減は比較的大きい数字

リーマンショック前後では3〜4割採用を絞る会社も多くありました。
思い切ったところだと8〜10割採用を減らしていました。
三菱UFJ銀行の44.2%削減は相当大きな数字です。

 

参考 経済危機で新卒採用を減らした100社リスト就職・転職 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 参考 さよなら、大量採用 ~メガバンクの事情~サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB

 

新卒の雇用維持コストは50歳の1/4

大手金融機関の一般的な50歳は、1,500万円程の年収です。
新卒の年収は400万円程です。

健康保険料・年金保険料・退職金積立金など、会社が給与以外に負担しているお金もあります。
年収が多ければ会社の負担額は大きくなります。

 

新卒採用を減らすよりも、50歳前後の高コストな人員を整理した方が効率的です。
新卒は基本会社のトップライン(売上)を伸ばすために使われます(新規開拓営業など)。

50歳前後の高コスト人員は、マネジメント・バックオフィスであることが多いです。
業務効率化(トップラインを維持してコストを削減する)のために、第一に整理される人員です。

 

マネジメント・バックオフィスに再教育をして営業に配置するリストラは、景気が悪化するとよく行われます。
その度に、転職・退職する人が続出します。

会社側も、再教育期間を転職活動期間と考えて長く取ってくれます。
大々的に退職金を積み増して退職者を募るよりは、コストが少なくて済むのでしょう。

 

参考 自分の「雇用コスト」はいくら?【年収600万円の正社員の事例付き】 コンサル転職&ポストコンサル転職のアクシスコンサルティング【公式】

 

現段階でも採用は相当絞られている

新卒平均年齢を23歳、退職平均年齢を満65歳とすると、43世代存在します。
均等に割ると、全従業員数に対して1世代当たり2.3%の従業員数です。

 

2020年度メガバンク全従業員比の新卒採用率は以下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行 :531人/33,534人(2019年3月31日時点)=1.6%
  • 三井住友銀行:600人/27,957人(2020年3月31日時点)=2.1%
  • みずほフィナンシャルグループ:550人/59,132人(2020年3月31日時点)=0.9%

 

メガバンク3行全て平均を割っています。
メガバンクの離職率の高さ(5年で半分、10年で3割)を考えると著しく低い採用数です。

 

通常時はこの3〜4倍採用しています。
これだけ新卒の採用を絞ると従業員数は自然減少します。

しかし、高コストの50歳前後の人員を整理しないと金額的な効果は薄いです。

 

メガバンク「大リストラ」後の未来は若手には明るい

10年後には、50歳前後の高コスト人員が定年退職により減少しています。
入社人数を絞った関係上競争相手となる同期も少ないため、昇進はしやすいです。

景気回復により新卒入社が増えてくれば、自分の部下が増えます。
部下が多ければ上層部の収入は大きくなります。

 

このまま萎み続ければ倒産です。

しかし、潤沢な自己資金・預金残高があるため、ちょっとやそっとでメガバンクは傾かないでしょう。

 

メガバンク・お勧め・アイキャッチ メガバンクに就職しないの?製造業1位の2倍の生産性

 

まとめ

新卒採用の縮小、マネジメント・バックオフィスにいる50歳前後の高コスト人員定年退職。
メガバンクは低コストな組織に生まれ変りつつあります。

 

コストの低い新卒・若手社員は今後重宝されます。
同期が少ないから昇進もしやすいし、給料も高位安定。

メガバンクは今が穴場の就職先です。

 

このままメガバンクの業績が萎み続けることはリスクです。
しかし、過去からの蓄積(自己資本・預金残高)を考えるとそう簡単にメガバンクは傾かないでしょう

メガバンクに就職する絶好のタイミングです。

 

お礼・白

この記事はお役に立てましたか?
お役に立てたら、SNSでのシェアやリンクをしていただけると幸いです。

感想・質問等はお問い合わせフォームやTwitterよりお気軽にお送りください。
Twitterのフォローもお待ちしております!